家具などを更に便利に利用するために、行える事とは

多くの利点のある電灯

性能及び環境面に関するメリット

LED蛍光灯が普及して久しい現在ですが、皆さんはそのメリットを具体的にご存知でしょうか。 LED蛍光灯は、LED素子を利用した蛍光灯で、従来の白熱電球と比べてその寿命はおよそ10倍です。LED素子の寿命は約10万時間で、購入した当初の明るさから70%まで照度が落ちるまでの時間は4万時間と言われています。また、LED蛍光灯は、寿命が来ても急激に切れてしまうということがありません。ゆっくりと暗くなっていくので、焦って交換しなくても大丈夫なのです。 低温にも強く、マイナス20度の極寒地においても発光強度が低下することはありません。 また、従来の蛍光灯と違い、鉛や水銀を原料として使っていないことから、環境面にも優しい製品といえます。有害な紫外線や熱線をほとんど出さず、照明による焼けも起こしません。安全性にも非常に優れているといえます。

経済面、法律・制度面でのメリット

LED蛍光灯は、先程も述べたように従来の蛍光灯に比べて長寿命であり、さらに消費電力も少ないことから、経済面でも非常に優れた製品であるといえます。 従来、消費電力が少ないと言われてきたタイプの蛍光灯の約半分、白熱電球と比べるとなんと10分の1の消費電力で、90%もの電気代削減が望めます。 また、熱をほとんど放出しないため、夏場でも冷房の冷却効率を下げることがありません。空調の負荷も低減できます。 日本政府は2020年までに25%の二酸化炭素の削減を国際公約としています。今後、有害物質の排出に対する制限や、環境保全への取り組みは法整備によってますます強化されていくことが予想されます。 LED蛍光灯は、これらの具体的な実現手段として、今後より一層注目されていくことと思われます。

Copyright (c) 2015 家具などを更に便利に利用するために、行える事とは all reserved.